HOME > お知らせ一覧 > DACベンチャーユナイテッド・ファンド1号投資事業有限責任組合を組成しました

DACベンチャーユナイテッド・ファンド1号投資事業有限責任組合を組成しました

新たにDACベンチャーユナイテッド・ファンド1号投資事業有限責任組合を組成しました

当社は新たなベンチャーキャピタルファンドとしてDACベンチャーユナイテッド・ファンド1号投資事業有限責任組合を組成いたしました。

 

当社ならびに当社の親会社であるユナイテッド株式会社ではこれまでもアーリーステージを中心として投資を行うベンチャーキャピタルファンドを組成・運営し、多くのインターネット関連サービスを手掛ける企業への投資を行ってまいりました。

これまでの投資先には2012年3月に東京証券取引所マザーズ市場に上場したライフネット生命保険株式会社や2012年7月に同じく東京証券取引所マザーズ市場に上場した株式会社エニグモなどのほか、M&Aされたウノウ株式会社や株式会社ノボットなどがあります。

こうした中で、今回新たにアーリーステージのインターネット関連企業を中心とするベンチャー企業への投資を行うため本ファンドを組成し、これまでの実績やファンドの趣旨に賛同いただいた独立行政法人中小企業基盤整備機構をはじめ、みずほキャピタル株式会社、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社、株式会社SBI証券などの事業会社やベンチャーキャピタルから出資をいただくとともに、グループ企業である株式会社博報堂、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社も本ファンドに組成に参画しており、ファンド総額は12.6億円の規模となっております。

 

今後、当社は投資理念である「投資・支援活動を通じて起業家とともにワクワクする未来を創る」に基づき、本ファンドからベンチャー企業への投資を積極的に行うとともに、グループ会社の持つインターネットビジネスや広告関連のノウハウなども生かして投資先企業の成長支援を行い、ベンチャー企業の成長に寄与するとともに、本ファンドを通じた投資・支援活動を通じて我が国におけるベンチャー企業のエコシステムの拡大に寄与してまいります。

 

【ご参考:ユナイテッド株式会社のプレスリリース】

【ファンド設立のお知らせ】「DACベンチャーユナイテッド・ファンド1号」の設立への参画について 〜博報堂DYグループの「“専門性”と“先進性”の継続的な取り込み」を一層強化〜


【ご参考:独立行政法人中小企業基盤整備機構のプレスリリース】

中小企業成長支援ファンド「DACベンチャーユナイテッド・ファンド1号投資事業有限責任組合」に6.3億円の出資を行う組合契約を締結

PAGE TOP